浜名湖は海だ

浜名湖は海だ

小学5年の夏休みは母方の祖父の家
静岡県小松市で過ごした
今の浜松市の一角

5歳下の弟と母に連れられて特急ツバメに乗る
ツバメ と言う響きに心が躍った
が・・・ただの汽車
大人に言わせると電車だそうだ

何のことはない夏休み中預けられた
~~~邪魔者だった?~~~よねぇ きっと
大人の事情は知らないけど

その間のことは後にして
休みが終わるころに父が迎えに来た

父と弟と3人記念に浜名湖に遊びに行った
湖というから大きな池なはず
盛岡には高松の池と言うのがあり
昔はカッコーがなく神秘的なところだった
そのイメージは全くない

何で砂浜があって波が来るの?
これは海だ!
浜名湖はミズウミという名前の海である
砂が白い砂浜の海だ

☆;砂が白い 赤くないよ
父;ああ 小名浜はいい砂浜だ 
  あの色の砂浜は珍しくて 白いほうが多い
☆;こっちのほうがまぶしい
父;白いほうが光を反射するから
☆;ふ~ん

小高い丘のような砂山に移動した
周りが浅い海に囲まれて島に来たような気分でなんだか嬉しい

いなり&海苔巻のお弁当をひろげ 
おしゃべりに夢中になりながら座る場所を作る

ザーッ

いきなり波が寄せてきた
父の一声で3人はより高いところに急ぐ
波はお弁当の手前で帰っていき
少ししぶきを浴びただけで3人をほっとさせた
すぐ片付け周りを見ると、海の孤島 だ

父が 「速いなぁ」 と感心している
とにかくここに居ては帰れなくなるから戻ろう

海はあっという間に広くなっていく
本当に速い 
私でもわかる速さで足元がなくなっていく
陸地だった道はどこにあるのかわからない
父は弟を肩車し前を行く
私はスカートを腰まで上げて
荷物をかつぎ手には自分のお弁当を持って後を追った。
砂浜は足元が平らで転ぶ心配がない

ももまでつかってどうにか溺れる前に対岸についた
ここなら安全 とお弁当の食べなおし
ところが波しぶきをかぶったお弁当は少々砂が混じっている
弟は食べられないと言う

父;☆はお弁当持って逃げたんだ さすがだな
私に弟のお弁当と交換するように言った

ちょっとじゃりじゃりの楽しい昼食だった
食べ終わったころには さっきまでいたところは
一人が立つくらいの小さな島になっていた
海に浮かぶお皿みたいで面白い
そのうちにどんどん小さくなって消えた
今いたところがなくなるなんて
サイコウニ オモシロイ

なぜか 後々まで
「お弁当を持って逃げた」
と語られることになった

よくやった、と誉めているわけではないようである

弟は覚えているだろうか
もし弟も 「食い意地の張ったお姉さん」
なんて記憶持ってたら お弁当返せ

でもサ いまさら
おいなりさん&海苔巻き弁当(500円以下)返されて
「やっぱり食い意地張ってる」 なんて言われちゃ・・・
せめて岩手のうにどんぶり
 (たかがどんぶり されどどんぶり 3000円以上する)
・・・そういう話じゃない♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Track Back URL:
https://honu.work/ho/wp-trackback.php?p=3412